コンサルタントからの提供資料一覧

コンサルタントから提供する資料一覧

マンションの大規模修繕コンサルティングを行っている「三衛建築設計事務所」では、最初のステップとなる建物調査診断から長期修繕計画にいたるまでそれぞれの段階で詳細な資料をご提出しています。大規模修繕には綿密な準備・計画が必要となるだけに、関係者の間で資料を基に検討し全体の計画を決定していくことが重要です。

当社ではコンサルタントが専門家の視点から、時間をかけてじっくりと内容を理解していただくまでご説明します。不明点や疑問点についても、その都度丁寧にお答えしますのでご安心してお任せください。

STEP1:「建物調査診断業務」段階における資料

提供資料一覧
資料名 内容 書式
1 建物調査診断報告書 ①調査診断概要 調査の概略や方法など 報告書としてファイルに一冊綴り
②建物各部位調査診断報告 目視触診打診による劣化確認の報告
③機器試験結果及び考察 塗膜付着・中性化などの結果
④調査結果総合所見 調査の全体報告
⑤アンケート調査結果 事前アンケートの結果と区分
2 建物調査診断報告書(抜粋版) 説明用報告書ダイジェスト版 シート
資料とコンサルティングの内容
建物調査診断業務
最初に、同時に居住者の方に対してのアンケートを実施、漏水や不具合箇所など要望を聞き取ります。
建物共有部やバルコニーなどマンションのさまざまな場所を調査診断させていただいた後、現状について詳細な報告書を作成します。また、同時に居住者の方に対してのアンケートも実施。調査診断の結果とともにアンケート内容についても報告内容にまとめます。調査報告書が完成した後には調査報告のダイジェスト版を全戸に配布。その後、報告会を開催し、マンションの居住者の方全員に理解していただけるよう、建物の劣化状況について丁寧にご説明します。現状についてご理解いただけた後に、続けて実施すべき改修仕様についてのご提案をさせていただきます。

STEP2:「改修設計業務」段階における資料

提供資料一覧
資料名 内容 書式
1 全体工程表 業務開始から竣工までのスケジュール シート
2 数量内訳書 図面と現場調査から工事数量を精算 一冊綴り
3 設計予算書 数量内訳書に単価を入れた工事予算 一冊綴り
4 設計予算検討書 優先順位を考慮して工事予算を検討 シート
5 改修仕様書 ①見積要項書 見積依頼のための説明書 仕様書として一冊綴り
②工事仕様書 工事仕様をまとめたもの
③工事設計図書 基本修繕の範囲などの図面
④その他必要図面 改良改善の仕様・範囲などの図面
6 設計計画説明書 説明会用資料 一冊綴り
資料とコンサルティングの内容
改修設計業務
建物の調査から修繕工事が完了し引き渡しが完了するまでの全体工程をまとめ、スケジュールとしてご提出します。また、同時に改修範囲や仕様とそれにもとづく工事予算などの資料も作成。すべての資料が整ったら、設計計画のダイジェスト版をつくり全戸配布を行った後に説明会を開催します。管理組合とも綿密な打ち合わせを行い、予算との調整をしながら今回の大規模修繕の方針を決定していきます。最後に、居住者に計画内容を説明するため設計計画説明会を開催します。

STEP3:「施工業者選定補助業務」段階における資料

提供資料一覧
資料名 内容 書式
1 公募要項書 公募方法・基準を決めたもの シート
2 1次選定比較表 公募した施工業者の比較一覧 シート
3 2次選定比較表 見積依頼した施工業者の比較一覧 シート
4 最終ヒアリング比較表 ヒアリングした施工業者の比較一覧 シート
5 見積依頼時配布資料1式 改修仕様書・質疑回答書など 一冊綴り
資料とコンサルティングの内容

施工業者選定補助業務

施工を依頼する業者を選定するために公募を行います。各社から送られてきた公募書類をもとに各社の比較表を作成。1次選定を実施し見積依頼する施工業者を決定します。その後の2次選定では、各社の見積書を比較し、予算内にとどまる条件と合致する会社を決めヒアリングを依頼します。2次選定で残った2~3社に対してヒアリングを実施。最終的に総合的な判断で1社を内定します。

STEP4:「工事監理業務」段階における資料

提供資料一覧
資料名 内容 書式
1 監理報告書 ①監理月報 月報及び監理集計 報告書としてファイルに一冊綴り
②監理日報 業務処理結果報告書
③監理・施工者打合せ議事録 監理時の指示などの記録
④検査記録 工程・中間・竣工検査などの記録
資料とコンサルティングの内容
工事監理業務
いよいよ施工の開始です。修繕工事のプロセスを細かくチェックする監理業務で、コンサルタントが専門家の視点によって工事監理のサポートを行います。現場での一通りの監理を終えたら報告書を作成。その日の業務内容を詳細に記載する日報、また毎月の業務の集計を月報にて進捗報告します。さらに業務の際には、それぞれの工事内容が適切に行われていたかをチェックシートで洩れなく確認。改修設計で決められた仕様通りに工事が適切に行われるよう、施工業者の工事工程ごとに検査を実施しチェックすることもコンサルタントの役割です。

STEP5:「長期修繕計画作成業務」段階における資料

提供資料一覧
資料名 内容 書式
1 長期修繕計画書 ①長期修繕計画概要書 計画の概要と条件設定 報告書としてファイルに一冊綴り
②収支累計グラフ 収支一覧表を折れ線グラフで表示
③収支一覧表 修繕積立金と工事費の累計を一覧で表示
④建築工事内訳書及び一覧 建築工事の内訳と一覧
⑤給排水工事内訳書及び一覧 給排水設備工事の内訳と一覧
⑥電気設備工事内訳書及び一覧 電気設備工事の内訳と一覧
資料とコンサルティングの内容
改修設計の建築工事内訳書を利用した新規作成業務
当社では、既存の長期修繕計画書の検討から見直し案や新規フォーマットによる長期修繕計画の作成まで管理組合のご要望に合わせて対応いたします。国交省のガイドラインに沿った、収支の累計グラフ、年度別修繕工事費、修繕積立金と収支予想一覧、各工事の内訳などの資料もご用意。既存の修繕積立金の検討から修繕計画全般のご提案にいたるまで、長期修繕計画を全面的に管理組合をバックアップしていきます。