マンション管理組合様へ

大規模修繕でマンション管理組合がやるべきこと

マンションの大規模修繕では、管理組合の果たす役割が非常に重要です。
一般的にマンションは、管理組合で設置した理事会が主体となって大規模修繕工事に向けて計画し実行していきます。
理事会内でのコミュニケーションが不十分で各理事との調整が取れないと運営が難しくなり、マンションの資産価値を保つことができなかったり、居住者に不安を与えてしまったりすることもあります。

こちらのページでは、大規模修繕コンサルタントの「三衛建築設計事務所」が管理組合の役割について準備段階、計画段階、実施段階、整理段階の4つの段階に分けてご説明します。当社では、「設計管理方式」を導入することで管理組合を専門家としてサポートしています。

管理組合がやるべきことの流れ

STEP1 準備段階
  • 大規模修繕にむけての組織づくり
  • 修繕コンサルタントの選定、契約
  • 全体スケジュールの検討
準備段階

大規模修繕では管理組合の関係者が協力体制を築くことが大切です。居住者からさまざまな意見を集め、一つにまとめるために大規模修繕委員会を設置しましょう。

体制が整った後は、大規模修繕コンサルタントを選定することをおすすめします。コンサルタントの選定は必須ではありませんが、専門家によるアドバイスを受けられるかどうかによって、大規模修繕の成否が変わってきます。失敗してから悔やむのであれば、初めからコンサルタントをつける方が賢い判断だと言えるでしょう。コンサルタントと一緒に大規模修繕の工事計画から竣工までの全体スケジュールを検討していきます。

STEP2 計画段階
  • 建物の劣化調査
  • 修繕範囲と仕様の検討
  • 資金計画の検討
  • 施工業者の選定
計画段階

準備が完了したら、次は大規模修繕工事の基本計画を立てます。
まずは、建物の劣化調査からはじまり、その調査結果に基づいて修繕範囲を決めます。
あわせてそれにかかる費用を検討し、資金計画を立案。工事項目の優先順位を検討し工事予算を調整したりコンサルタントの技術的な視点でサポートしてもらうことがポイントになります。
改修計画が決定した後に、施工する業者の選定に入ります。ここでも公正な業者の選定方法や手順、見積書のチェックの仕方などコンサルタントのノウハウをフルに活用していきましょう。

STEP3 実施段階
  • 施工業者との契約
  • 工事説明会、連絡会への出席
  • 中間検査、竣工検査の立会い
  • 引き渡しの立会い
実施段階

工事を開始する2週間前までには工事説明会を開催し、居住者に対し工事中のマンション共有部分の使用制限や注意事項の説明などが必要になります。
事前のアナウンスが不足すると、居住者からのクレームが上がってくることも増えるので、工事前に居住者との関係を良好にしておくことが重要です。
ここでもコンサルタントの工事経験に基づくノウハウを活用しましょう。

STEP4 整理段階
  • 竣工引き渡しに関わる書類の整理・保管
  • 修繕委員の引き継ぎ
整理段階

修繕工事が完了すると、施工業者から各種竣工書類を受け取り、内容の確認作業に入ります。
その書類は分かりやすく整理保管し、定期点検の際などに確認できるようにしましょう。また、修繕が完了した段階で、大規模修繕委員会は役割を終えますが理事会の中に修繕担当の委員を置き大規模修繕に関わる資料を引き継ぎます。
場合によっては、修繕を行わなかった箇所など今後の課題について項目を整理し検討を開始します。

このように管理組合は大規模修繕工事はもちろんのこと、その他にも担うべき役割や目を向けるべき課題がたくさんあります。
これらを管理組合だけで行うのは大変であり、マンションの大規模修繕という失敗が許されない大きな工事でもあるので、コンサルタントを活用しましょう。

三衛建築設計事務所では、建築改修の専門家として公平・中立的な立場で大規模修繕を全力でサポートいたします。
この設計監理方式を採用することで、管理組合として居住者全員が満足する大規模修繕を実施することができます。