建物調査からアフターサポートまで総合対応

コンサルタントとして建物調査からアフターサポートまで対応

大規模修繕コンサルタントの「三衛建築設計事務所」では、担当のコンサルタントがマンションの大規模修繕工事を包括的にサポートしています。建物の劣化調査から、改修計画、施工業者の選定、工事監理、長期の修繕計画、そしてアフターサポートとあらゆる段階で、当社が専門家の視点からアドバイスします。大規模修繕をご検討中の方は、当社までご相談ください。

コンサルタントが対応できること

STEP1 建物調査診断
  • 居住者へのアンケート調査
  • 建物の劣化調査、各種機器試験
  • 調査報告書作成
  • 調査報告会の開催
建物調査診断

大規模修繕では、実施すべき工事の内容や範囲を具体的に決める必要があります。
そのために建物調査を行いますが、その際に居住者へのアンケート調査も行うことをおすすめします。
現状の何に不便を感じているのか、どのような要望があるのかを事前に調べておくことが、工事の内容を決めたり円滑な合意形成にも役立つはずです。
調査結果報告のための分かり易い資料作りに関してもコンサルタントが支援しますので、安心してお任せください。

STEP2 改修設計
  • 全体スケジュールの作成
  • 基本設計・工事予算書作成
  • 設計図書・仕様書の作成
  • 計画説明会の開催
改修設計

建物の調査から工事が終わり引き渡しが完了するまでの全体スケジュールの作成、改修範囲や仕様とそれに基づく工事予算などの資料をコンサルタントが作成します。
こちらからの一方的な提案ではなく、管理組合の意見や居住者アンケート結果なども合わせて、よりよい修繕を行うための計画を検討します。最終的には、管理組合の予算との調整をしながら優先順位を付けて工事内容を決定することとなります。

STEP3 施工業者選定
  • 施工業者の募集
  • 施工業者選定
  • 総会での合意形成
施工業者選定

施工業者の選定は、マンションの大規模修繕においてとても重要な作業となります。
私たちが専門家の目線から、マンションの規模や実施する工事内容に最適な業者選定をサポートします。
施工業者の募集方法や業者に依頼する書類の指示、選定の手順など、専門的な内容に関しても安心してお任せください。
また、内定した業者との契約内容の調整や交渉、さらには総会での技術的な説明や合意形成のサポートも行います。

STEP4 工事監理
  • 工事着工前の監理業務
  • 工事中の監理業務
工事監理

いよいよ工事が始まります。この段階では修繕工事のプロセスをチェックしていく監理業務がとても重要になります。
いくら工事計画がすばらしくても、計画した仕様とは異なる工事、あるいは、手抜き工事が行われた場合は意味がありません。
そして、専門知識を持ち合わせていない場合は手抜き工事をされていても気がつかないケースも。
だからこそコンサルタントによる専門家の視点での工事監理のサポートが必要です。

STEP5 長期修繕計画
  • 既存計画書の検討
  • 修繕積立金の検討
  • 計画書の見直し案作成
  • 新規長期修繕計画の立案
長期修繕計画

平成20年に国土交通省から「長期修繕計画標準様式」と「長期修繕計画作成ガイドライン・コメント」が策定されました。
これにより、それまでは管理会社が独自に作っていた長期修繕計画を見直し、この標準様式やガイドラインに則ってチェックされることになりました。
当社では、既存の長期修繕計画書の検討から見直し案の作成、新規フォーマットによる新規長期修繕計画の作成まで、管理組合の要望に応じ多様なサポートを行います。

STEP6 アフターサポート
  • 施工業者の工事保証に従った点検サポート
アフターサポート

大規模修繕工事が終わり引き渡しが完了することで、管理組合としては大役を終えますが、十分なチェックを行っていたとしても、何らかのトラブルが起きるかもしれません。
施工業者との工事保証に合わせて、アフター点検を実施し問題点がないかを確認することが必要です。
施工業者は竣工時に約束したアフター点検計画に従い、1年目、2年目、5年目、7年目、10年目の年次点検を行います。
これらの年次点検についてもコンサルタントがフォローしますので、アフターについてもお任せください。