将来を見据えた長期修繕計画

マンションの長期修繕計画について

マンションに限らず、あらゆる建造物は経年により劣化が進行します。
そのため、マンションの資産価値を維持し、快適なマンションライフを送るためにも、将来を見据えた長期修繕計画が必要となります。

マンションの長期修繕計画について

平成20年に国土交通省が「長期修繕計画標準様式」と「長期修繕計画作成ガイドライン・コメント」を策定し、標準的な様式として取り入れられるようになりました。現在はこの様式に則った方法で、長期修繕計画の見直しが求められています。

マンションの大規模修繕コンサルタントである「三衛建築設計事務所」では、これまで多くのマンション大規模修繕をサポートしてきた実績と独自のノウハウをもとに、それぞれのマンションの状況に応じた長期修繕計画を作成し、管理組合を支援します。

なぜ長期修繕計画が必要なのか?

なぜ長期修繕計画が必要なのか?

マンションを適切に維持していくためには、計画的な修繕が必要です。この基本となるものが長期修繕計画です。
計画の内容としては、今後25~30年間に必要とされる工事とその金額を算定。その金額に応じた必要な修繕積立金を検討します。
もし修繕積立金が不足する場合は見直しをすることで、将来の工事資金を確保する必要があります。
その際、修繕積立金の値上げの説明根拠として重要な資料となります。

長期修繕計画の見直しが必要となる理由

下記の項目内容を確認する意味でも長期修繕計画を見直す必要があります。

  • 修繕内容や資金計画が妥当なのか
  • 管理組合が目指す維持修繕方針と計画内容が一致しているのか
  • 算定根拠となっている工事数量などが、適切か否か
  • 算定根拠となっている工事金額が値上げなどで適切か否か
  • 管理会社に任せたままで長期修繕計画は問題ないのか
  • 今の修繕計画よりも、よりよい計画はないのか

長期修繕計画見直しの流れ

長期修繕計画を見直す場合は、その内容によって見直しの流れも異なります。
こちらでは一般的な長期修繕計画見直しの流れをご紹介します。
長期修繕計画の詳細な見直しについては、それぞれのマンションの状況や現在ある計画に合わせてご案内させていただきますので、まずは当社までお問い合わせください。

STEP1既存計画書の検討
既存計画書の内容について、想定している項目と金額などが適切か検討します。これまでに実施した修繕に関する工事の履歴を確認します。

STEP2新規・追加修繕工事項目の調査・積算
計画書の修正・作成にともない、新たな工事項目や追加すべき項目が発生します。必要に応じ現地の調査・積算を行います。

STEP3既存計画書の修正および見直し案の提出
国土交通省のガイドラインに沿った様式で、既存計画書の工事項目・金額・修繕周期を入れ直し、新規・追加修繕工事項目を加え修正します。

将来を想定した長期修繕計画を

将来を想定した長期修繕計画を

長期修繕計画は、10年、20年先の快適なマンションライフや資産価値の維持向上を見据えた計画であるべきです。
三衛建築設計事務所では、基本修繕工事はもちろん、省エネ・バリアフリーなど改良改善工事を取り入れた計画を立案することにより、居住者の方がいつまでも安全で快適なマンションライフが送れるようサポートを行っています。

長期修繕計画の見直しをご検討している場合は、一度当社までご相談ください。
専門のコンサルタントが丁寧にご対応します。